無関心だったけど、ずーっとそのままでいいの?

貯蓄型の保険について一般的には、若い時に入ったもの、予定利率の良い時に入ったものを、そのまま継続するのが得策ですが、今現在必要な保険の目的に合っているか確認しましょう。
病気やケガで入院・手術の場合、医療保険でどのような保障が必要だとお考えですか?医療保険も特約などを含めると実にさまざま。あなたにあった保険がみつかるはずです。
死亡保険は、何歳まで保障されていますか?保障が必要なときに保険料が高くなる、または保障が無くなるということもあります。
そして、保険料の安さばかりで選んでいませんか。ご自分のライフプランを十分考え、あなたにあった生命保険を選択する事をおすすめします。

本当に必要なのは、がん・医療保険なんです

単品の、がん・医療保険があります。
中でも、一生涯保障が続く終身保障でかつ、
保険料が途中で上がらないタイプが人生100年時代にはおすすめです。また、60才・65才で払込完了させる終身保障タイプを選ぶ方も多いです。
がん保険は最新の治療方法にあわせて進化しています。ご自身の心配度、他の貯蓄とのバランス、年齢や家族状況など個々ご事情にあわせて
あなたに合ったものをお選びください。

個人の方